【心理テスト】どの色の月を選ぶかによって、あなたが本当に進みたい道がわかります

月は昔からあやしい光で人を惑わすとされ、不安や迷いを象徴します。選んだ月の写真から、あなたが本当に進みたい道や生き方が分かります。

それでは、お選びください。

Credit:dimajadid.net

スポンサードサーチ

1つ目の月

黄色は無邪気で刺激的な色です。黄色の月を選んだあなたは、人と違う生き方をしたいと思っています。他人が何をしようと、そんなことはあなたには関係ないのです。好きな月の色を選ぶように、自分が好きな職業、好きな生き方を選びたいのです。どんな職業であっても、クリエイティブな生き方ができていたら満足するはずです。

 もし、どうしても2色の月で迷ったならば、両方の項目を読んでみてください。それぞれがあらわす要素を合わせ持っていることがわかるでしょう。

2つ目の月

青は信念や使命をあらわす色です。青い月を選んだあなたは、自分に与えられた使命を知り、信念を貫きたいという気持ちが心の底にあります。どんな職業を選んでも、またどんな生き方をしていても、それが天命だと思えるならば充実した毎日となるでしょう。

逆にいえば、いくらお金がもらえても社会的に成功しても、信念にそむく生き方では、満足できないのです。自分の本心に忠実に生きるのです。

スポンサードサーチ

3つ目の月

赤は情熱と勝利をあらわす色です。赤い月を選んだあなたは、パワフルな闘志と積極性を持ち、戦って自分の人生を切り開いていきたいと思う人です。戦って負けた悔しさも、あなたの血肉となります。

逆にあまりにも、まったり、ゆったりとした環境では、あなたの本来の力が生かされることがないでしょう。競争の場でこそ、あなたの秘めた闘争心が発揮されるのです。