世界じゃんけん協会による、じゃんけんで常に勝利する方法

ジャンケンのバリエーションについては何百年もの間、議論がなされてきました。しかし、ほかのゲーム同様にじゃんけんは偶然おきることではありません。Micというサイトで指摘されているようにパターン、心理、統計の戦いなのです。

Credit:Pixabay

あなたがこの遊びを支配する方法を主張するには遅すぎるかもしれませんが、ジャンケンで常に勝つための統計や研究があると専門家たちは紹介しています。

世界じゃんけん協会によると、最初にグーを出すのは初心者だそうで、特に男性がよく出しがちです。彼らが言うには「グーは”強さ”や”強靭さ”を連想します。

ですから男性はグーを出しがちなのです。」というのです。ですからこのことを知っている相手とじゃんけんする時は、相手はあなたがグーを出すと予測するので、あなたはチョキを出すべきなのです。

中国の浙江大学で『ゲーム理論』の分野を専門とする研究者たちが研究を行い、人がじゃんけんで出しがちなパターンを観察しました。360人の学生らがおよそ2万回ジャンケンした結果を記録しました。報酬としてジャンケンに勝った生徒には研究者からお金が支払われました。

全ゲームを通して、ほぼ3回のジャンケンで3パターンを出し切ることが多かったことは予想通りかと思います。しかし、戦術には明確なパターンがあることに気がつきました。よく勝っている人たちは同じ手を出すことに固執します。一方負けがちな人たちは、グー、パー、チョキの順番を繰り返す傾向がありました。この知識を使って勝てるかは、相手もこのことを知っているかどうかにかかっています。もし相手が知らない場合は、相手が勝ったあとに同じ手を出してくることを知っているあなたは次に負けることを回避できます。

そしてゲームは心理戦へと突入します。ちょうどポーカーゲームのように、あなたは策謀家となって暗示の力を使って簡単に相手を混乱させることができます。世界じゃんけん協会は、出す手を先に宣言するという昔ながらの戦略はとても有効だと話しています。「相手はあなたが宣言した手を宣言通りに出せるほど勇敢ではないと思っている限りは、あなたは宣言した手に勝つ手は捨ててもいいのです。つまりあなたがグーを出すと宣言した場合、相手はあなたがグーから変えると思うのでパーを出しません。ですからチョキを出すことで勝ちかせいぜいあいこで済むのです。」

すべての作戦をやってもダメなら最も安全なのはパーを出すことです。統計的にパーが出る確立は29.6%であり、予測される33.33%よりもわずかに少ないのです。

reference: iflscience