殺し屋が殺し屋に暗殺を依頼、下儲けが5度くり返されて「5次儲け」の殺し屋が爆誕!!

中国で衝撃的な事件が発生しました。なんと暗殺の仕事の下儲けが5回も繰り返されて、依頼者を含む全員が逮捕されたのです。

Credit:Nanning Intermediate People’s Court

2013年秋頃、不動産開発業をしていたタン・ヨウフェイは、ライバル会社のウェイ・モウさんと法的紛争を巻き起こし、ウェイさんから訴えられました。

ヨウフェイはウェイさんを抹殺するために、殺し屋のシー・グワンアン200万元(約3100万円)を雇いました。

しかし、シーは依頼金の半分である100万元(約1540万円)を自分の財布におさめ、残りの100万元で、下請けの殺し屋モ・テンシャンにウェイさんの暗殺を依頼したのです。

そして、まだまだ展開は進みます。この下儲けである殺し屋もまた、別の殺し屋に27万元(約416万円)でウェイさんの暗殺を依頼したのです。

さらに、3次儲けの殺し屋も20万元(約308万円)で殺し屋を雇い、最後に四次請けの殺し屋が10万元(約154万円)で5次儲けの殺し屋に暗殺を依頼したところで下儲けの連鎖は終了しました。

Credit: Pixabay

5次儲けの殺し屋であるリン・シェンスーがウェイさんを暗殺して、事態は収束したと思われました。ですが、リンはたった10万元で暗殺を実行することにためらいを持ち、暗殺をでっち上げることにしました。

リンはウェイさんの協力のもとウェイさんを縛り付けた写真を撮影。その写真は携帯電話で送信されて、依頼者のヨウフェイの元に届きました。

ウェイさんは10日間身を隠した後、5番目の殺し屋がウェイさんの手元に置き忘れていった携帯電話を持って警察に出頭しました。

結果、殺し屋と依頼者を含む6名が、それぞれ懲役2年7カ月から懲役5年までの刑期が言い渡されました。

reference: foxnews, bbc