人をゾンビさながらに変える、ロシア睡眠実験の真相に迫る…

伝説ではこの事件が起こったのは1940年代、ヨシフ・スターリンが第二次世界大戦終結後も権力の座にあった頃のこと。厳重に警備された秘密基地で、研究者グループがグラグ(収容所本部)の囚人5名を使った残酷な実験を実施していました。囚人たちは睡眠を不可能にする神経ガスが充満した部屋で30日過ごせば自由にしてやると言われたのです。

5日もすると状況は制御不能となりました。被験者は観察を拒み、気が狂ったように叫んだり呻いたりしました。その後数日間は完全な沈黙が続きましたが、部屋に入った科学者たちは言葉を失います。被験者は自分たちの皮膚をほとんど引きはがし、床が血だらけになっていたのです。

かろうじて生きていた囚人たちは「目覚めていなければならない」と叫び、刺激性のガスを戻すよう懇願しました。研究グループがおとなしくさせようとすると被験者は予想外の力で抵抗し、科学者の補助を務める兵士を殺してしまいました。やがて被験者は制圧され、そのうちの1人は眠るように指示されると目を閉じてすぐに死亡。残りの者は脱出を試みて殺されたというのです。

一人の研究者が最後の被験者を撃つ前に「お前は何者だ?」と問い、引き裂かれて血だらけになった被験者は恐ろしい笑みを浮かべてこう答えました。「私はお前たち自身だ。我々はお前たち全てに潜む狂気であり、お前たちの奥深くにある獣の心に住みついて今にも解き放たれることを望んでいる。我々はお前たちが夜ごと逃げ隠れようとする者。我々の入れぬ夜のシェルターに逃げ込めるよう、お前たちが沈黙に落として麻痺させる者だ。」男がそう言うと、研究者はその頭を銃で撃ちぬいたのです。

もしこの話を信じるのであれば、あなたはインターネットというものに不慣れなのかもしれません。「ロシア睡眠実験」の話は10年も前からある都市伝説なのです。

起源をたどれば「クリーピーパスタ」というウェブサイトに行き着きますが、そこは他にも(糞便に覆われた窓だの、被験者に加わるよう科学者に命じるKGB司令官といった)絢爛たる話に満ちています。ただ話のオリジナルはもっと古く、元はと言えばユーザーが都市伝説の恐ろしさを競うオンラインフォーラムへの投稿でした。

そして話は広く拡散していきます。「ロシア睡眠実験は本当にあった?」などという記事や動画が世に溢れました。ある種のウェブサイトはロシアのものも含めて未だにこの話を掲載し、最後に「話のリーク元は謎のままです」などとコメントして恐怖を引き出そうとしています。まあその通りではあるのですが。

この話が本当でないと考える理由はいくつかありますが、全部述べるには紙面が足りないので明らかなものだけに限ってみます。

  1. 被験者が科学者に観察されず何日も部屋に「隠れて」いるとは考えられない。
  2. 人間を眠らせないガスなどというものは未だに発見されていない。
  3. 皮膚を引き裂くと失血死する。それとも被験者はガスで不死の生き物になったのだろうか?

10年を経た後でもこの伝説の人気はなくなりません。ジャーナリストのガヴィン・フェルナンドは2016年にこう記しています。「『ロシア睡眠実験』は『クリーピーパスタ』の中でも一番インターネットに拡散された話で、全部で64,030回シェアされています。」それも不思議はありません。この作り話はあまりにも有名となり、小説や短編映画(なぜかグラグがナチスに置き換わっている)、そして最近ではアイルランドの若き監督ジョン・ファレリーの手によって長編サイコスリラーが製作されている程なのです。

reference:russian beyond



最新ニュース40件