人間の致死量の500倍のヒ素に耐え、3つの性別を持つ線虫が発見される

カルフォルニア工科大学の研究チームが、海よりも高い塩分濃度を持つ塩湖である「モノ湖」で、人間の致死量の500倍のヒ素に耐えることができ、3つの性別を持つ不思議な線虫を発見した。

その研究論文は、9月26日付けで雑誌「Current Biology」に掲載されている。

発見されたのは、アメリカ・カリフォルニア州にあるモノ湖。この湖は海水の3倍もの塩分濃度であり、pH10というアルカリ性の水を持っている。

塩分濃度が高いことから魚類は生息しておらず、この極限環境での生存が確認されている生物はハエ(アルカリミギワバエ)とエビ(アルテリア)の2種のみだった。

そして今回、カリフォルニア工科大学の研究チームがモノ湖とその周辺に生息する8種の線形動物を発見したのだ。このうちの5種は過去に報告のない新たな線虫種であるとのこと。

Credit: Caltech

これらは、現段階では「Auanema種」と名付けられている。そして、ヒトの致死量の500倍もの量のヒ素に耐えることができ、子供をカンガルーのように体内に抱え込むそう。

また、線虫はオス、メス、両性具種の3つの性別を持つ生き物。卵と精子の両方を持ち、自家受精によって数百という子孫を生むことができる。そして、有性生殖によって繁殖することを選ぶ場合は、遺伝子をシャッフルすることでオスの子孫を多く生むことも可能となっている。

研究チームは、線虫の遺伝子配列を確認したところ、タンパク質を構成するアミノ酸の分解に役立つ「dbt-1」と呼ばれる遺伝子の変異が明らかになった。この遺伝的微調整が発見された線虫の驚くべきヒ素耐性の要因の一部である可能性があると考えられてる。

飲料水のヒ素汚染が国際的な問題の1つとなっている中、この線虫がヒ素耐性をもたらす仕組みを紐解くことで、ヒ素で汚染された水から人々を守ることができるかもしれないと見られている。

referemce: livescience, caltech

2 件のコメント