世界中の核爆弾を一斉に爆発させるとどうなるのか

世界中にある全ての核爆弾を一斉に爆発させるとどうなるのか、多くの人が気になるであろうこの疑問に海外の科学系YouTubeチャンネル「Kurzgesagt」が科学者の意見をもとに解説しました。

2019年の段階で、地球上には15,000個の核兵器が存在します。アメリカとロシアが、それぞれ7,000個ほど持ち、他にもフランスや中国、イギリス、パキスタン、インド、イスラエル、北朝鮮が核兵器を保有しています。

これらの数字をもとにして、核兵器の恐ろしさを考えていきます。

地球上には約4,500の都市または都市部があり、平均にして考えると1つ当たりおよそ10万人の人が住んでいます。

1つの都市を完全に壊滅させるには3つの核爆弾が必要になります。そのため、核兵器によって地球上のあらゆる都市を瞬時に破壊することができ、世界人口の約半分である30億人もの人々を殺害することができるのです。

これでもまだ、1,500個の核兵器が余ってしまいます。

それでは、15,000発の核爆弾を山積みにして引き金を引くいた場合何が起こるのでしょうか。場所はアマゾンの熱帯雨林の中央とします。

典型的な米国の核弾頭は、20万トン分のTNTの威力を持っており、15,000個の核はTNTの30億トン分に相当します。これは、マンハッタンの島とすべての建物や高層ビルをTNTだけで建設できるほどの量。

これは、観測史上最も致命的な火山噴火の一つである1883年に起きたクラカタウ島の大噴火のエネルギーの15倍に相当します。クラカタウ島の大噴火はとても強力なもので、島の70%と周囲の群島は破壊され、数万もの命が奪われました。その影響は、数日間にわたって世界中に響き渡りました。

それではボタンを押しましょう。

一瞬にして、幅50キロメートルの火の玉が近づくものすべてを蒸発させ、3,000平方キロメートルの森林を平らにする爆風が巻き起こります。

250キロメートル圏内のすべての生命は焼け死にます。爆発音は世界中で聞こえ、衝撃波が数週間で地球を数十回も周回します。

さらに、何百万トンもの燃焼した際の物質が待機中に流れ出し、キノコ雲は成層圏の外側に達して宇宙そのものを押し上げます。

幅約10キロメートルのクレーターが残り、山火事が南アメリカ中に広がるそうです。非常に強い放射性物質が生物を殺し、クレーターの周囲数キロメートルは生物が住める状態ではなくなります。

環境中の放射性物質の量は世界中で2倍に。これは文明を終わらせる量ではありませんが、しばらくの間がんになる傾向が上昇します。

灰や煙などの微粒子が大気中を浮遊することで、核の冬が引き起こされ、地球の気温を数年にわたって数度下げるとされています。

とはいえ、人類は滅亡することなく生き残るそうです。

それでは、さらに多くの核兵器を爆発させるとどうなるのでしょう。

人類が地球上のウランを採掘し、それを全て使い核爆弾を作ったと仮定します。その量は広島型の原子爆弾100億個分。

これは、6500万年前に恐竜を絶滅させたいん石衝突と同等のエネルギーを持つ、高さ3キロメートルの立方体になります。

それらが一度に爆発すると、宇宙から確認できるほどの巨大な火の玉が出現します。

その威力はすさまじく、地面がまるで水滴を落とした水面のように動き、直径100キロメートルのクレーターが作成されます。

一瞬にして周囲の山脈が気化し、数千トンもの物質がものすごいスピードで飛び散り宇宙に放出されます。そして、そのほとんどは火の雨のように地球に降り注ぐとのこと。

オーブン内部のようになった地上では多くの大型生物が死に、世界中を嵐が襲うようになるそうです。地殻も影響を受けるため、記録された中の何よりも強い地球規模の大地震が発生し、ハリケーン級の風が南アメリカ中の木々をなぎ倒し、野火が大陸を包むとみられます。

その後、火災によって発生した大量の炭化水素が大気中を埋め尽くし、世界中の気温を氷点下にまで下げます。地球規模の冬は数十年間続く可能性も。

そして、人間を含む多くの生物は絶滅します。しかし、たったの数百年で爆発の傷は癒され、千年後には生命が姿を取り戻すそうです。

さらに時が経ち知的生命体が誕生すれば、ウランのような放射性元素や人間が使用した金属、プラスチックを発見して困惑することでしょう。

1 個のコメント

  • […] ●世界中の核爆弾を一斉に爆発させるとどうなるのか (VAIENCE)    Amazon  核兵器と原発 日本が抱える「核」のジレンマ   ●掃除したいので池の水を抜いてたらトラさんがしょぼしょ […]