サイコパスについてあなたが知らない5つのこと

BBC TVのヒットドラマ、キリング・イヴの中でサイコパスな暗殺者ヴィラネルはイギリスの秘密情報部M16のエージェント、イヴにこう言いました「サイコパスに向かってサイコパスって言わないほうがいいわ、彼らを怒らせることになるわよ。」そして口を尖らせ怒った表情をして見せました。

Credit:Pixabay

多くの人はサイコパスとは、感情がない人、幼少期に動物を虐待して遊んでいた人、と考えているでしょう。しかしあなたがサイコパスについておそらく知らない5つのことをお教えしましょう。

1.私たちにもサイコパスな面がある           

サイコパスといっても様々です。わたしたちにもサイコパスな一面があります。罪悪感や自責の欠如、他人に共感できなかった、ほしいものを手に入れるために誰かにアピールした(就活で経験はありませんか?)、そんな経験があるならあなたもサイコパスな特性を持ち合わせています。もしくはある状況では大胆不敵であるとか、大きなリスクを冒したことがあるかもしれません。それもサイコパスの特性です。

2.サイコパスは『精神異常』ではない

ホラー映画のアメリカン・サイコのバイトマンや、羊たちの沈黙のハンニバル・レクターはサイコパスの典型像です。連続殺人犯の多くがサイコパスなのは事実ですが、サイコパスの多くは連続殺人犯ではありません。一般市民のおよそ1%はサイコパスで、さらに生産性のある社会の一員なのです。

不安や恐怖といった感情が欠如していることで怖いシチュエーションでも落ち着いていられます。彼らは驚愕反応が薄いという実験結果も出ています。ホラー映画を見ている最中に誰かがあなたを驚かせたら、おそらく『大げさな驚愕反応』を見せるでしょう。つまり、驚いて飛び上がるかと思います。サイコパスならそんな状況でも反応が薄いのです。むしろどちらかといえば冷静を保ったままでいるのです。こういった性質は軍人や外科医、特殊部隊の人達にとっては役立つでしょう。

サイコパスは魅力的な一面(表面上だけだとしても)もあり、リスクを負うことにも大胆です。冷酷で目標指向であり大胆な決断を下すことができます。このような人はニューヨークのウォール街や役員室、国会にはぴったりの人材です。そう考えるとサイコパスは人殺しよりも大金持ちになりそうな気がします。

3サイコパスは田舎よりも都会での暮らしを好む

サイコパスはどちらかといえば都市によくいます。サイコパスは心理学用語でいう生活史戦略を好みます。つまり長期間の交際や親になること、生活の安定のために努力するよりも短期間の交際や性的関係を持つ相手の数を増やすことにフォーカスしているのです。これはリスクをとる性質や身勝手な性格と関係があります。さらに都市では操る人間を探しやすいのです。匿名性も高いので見つかる危険も回避できます。

4女性サイコパスは違った特性がある

サイコパスは男性女性ともに似ている面が多いですが、男女の違いを示した研究がいくつかあります。例えば女性サイコパスは男性サイコパスよりも不安感や情緒障害が起こりやすく混乱しやすい傾向があります。

女性サイコパスは境界性パーソナリティー障害と診断されることがあると主張している心理学者もいます。その症状は感情の抑制ができない、衝動的、怒りを爆発させるといった特徴があります。女性のサイコパスの割合が男性より低いのはこれが原因だと説明がつきます。

私たちの最新の研究で、女性サイコパスはサイコパスではない男性との短期間の交際を好む傾向があることがわかりました。おそらく遊び相手としてか、騙しやすいとか操りやすいからでしょう。しかし長期間の交際となるとサイコパスの男性を求めるという傾向があることがわかりました。類は友を呼ぶということでしょう。

5サイコパスにも感情はあります…まあ、多少は

サイコパスは特に不安や恐怖、悲しみといった感情が欠如していますが、幸福感や喜び、驚き、嫌悪感といった感情は普通の人並みにあります。恐怖や悲しい顔を認識することは難しく脅しや罰に対しての反応は薄いですが、幸せそうな顔を認識することはできるのでポジティブな反応を見せることができます。

しかしながら、普通の人は5ドル報酬をもらったら嬉しいのに対してサイコパスを喜ばせるにはもっと大きい金額が必要です。つまり、サイコパスは報酬が十分に高ければ嬉しく感じモチベーションが上がります。もちろん挑発すれば怒りますし、目標を阻止されたら苛立ちます。ヴィラネルはある意味正しいのです。サイコパスの気持ちを傷つけることはできます、しかしそれは違った感情と違った理由で傷つくのです。

reference:the conversation