ショットガンを持って学校に乗り込んだ生徒に対し、教師がとった行動は『ハグ』だった

米オレゴン州ポートランドの高校で、教室にショットガンを持ち込んだ生徒が出現。居合わせた教師は生徒を抱きしめることで、銃を取り上げることに成功した。

銃大国アメリカでは、一日に一件のペースで銃乱射事件が発生しています。そんんな中、今年5月にハグが世界を救うとも言える感動的な事件が発生しました。

米オレゴン州ポートランドにあるパークローズ高校で、男子生徒がショットガンを持って教室に入り込んできたといいます。

教室にいた生徒は叫び声を上げて逃げ回る中、一人の教師が勇気ある行動に出ました。

アメリカンフットボール部と陸上部のコーチをしているキーノン・ロウさんは、銃を持った男子生徒に歩み寄りハグをしたのです。そして、ロウさんは男子生徒を抱きしめながら、片手で銃を取り上げることに成功しました。

銃を奪うことに成功した後も、警察が到着するまでずっと彼を抱きしめていたそうです。

検察が18日に公開した監視カメラの映像には、男子生徒をハグする様子が映し出されていました。

後の調査によると、事件当時18歳だったグラナドス・ディアズが銃を持ち込んだ理由は、他人を傷つける目的ではなく、自殺するためであったといいます。

グラナドス・ディアズは当時、精神障害を患っており、別の生徒に自殺をほのめかしていました。また、銃弾は1発しか入っておらず、自分以外に銃口を向けていなかったことが分かっています。

10月17日に行われた裁判では、銃器の不法所持などの罪を認めて3年間の保護観察処分を言い渡され、精神衛生治療や薬物乱用の治療を受けているとのこと。

reference: nbcnews, time

1 個のコメント