この世に実在しない人間の顔をワンタッチで自動生成できるサイト

This person does not exist』というウェブサイトを知っているだろうか。このサイトは、人工知能アルゴリズムの一種である敵対的生成ネットワーク(GANs)を用いて、この世界に存在しない人の顔をワンタッチで生成することができる。

This person does not existは画面をリロードする度に、アルゴリズムがゼロから新たな非実在人間の顔をわずか数秒で生成する。

シリコンバレーでエンジニアとして活躍していそうな顔立ちですが、残念ながらこの世には存在しておりません。

稀に美男美女が生成されます。これは、現実世界と変わりませんね。

10回に1回ほどのペースで薬でも決めているかのような表情の顔も見ることができます。少し不気味ですね。

このサイトは、Generative Adversarial Networks(GANs)というAIアルゴリズムを使用している。これはディープラーニングにおいて、生成ネットワークと識別ネットワークの2つを競合させてトレーニングするもの。

GANsは生成ネットワークと識別ネットワークの2つのネットワークから構成される。たとえば、画像生成を目的とするなら生成側がイメージを出力し、識別側がその正否を判定する。生成側は識別側を欺こうと学習し、識別側はより正確に識別しようと学習する。このように2つのネットワークが相反した目的のもとに学習していく。

実在しない顔はいわば著作権フリーであるため、イラストの作成やデッサンのモデルなど様々な方面で活躍できそうです。反対に、架空の人物を作るあげることでの、迷惑行為などの発生も考えられるでしょう。

This person does not exist:https://thispersondoesnotexist.com