水深1000mでのお食事事情、クジラの死骸を貪るさまざまな生き物たち

アメリカ・カリフォルニア州沖で、深海調査の様子をインターネットで生配信していた海洋探査船ノーチラス号が、海底に沈むクジラの死骸を発見した。

水深1000メートルで発見されたクジラの体長は4〜5メートルで、コクジラかミンククジラであると考えられている。

タコやカニ、ソコダラと呼ばれる深海のタラの姿が見られる。

クジラの死骸に群がる大量のモジャモジャは多毛類で骨を食している。

不気味で奇妙な深海の晩餐会。今も地球のどこかで行われていることだろう。