コンタクトを付けたまま水泳やシャワーを浴びた女性が左眼を失明する

プールで泳ぐときや、シャワーを浴びるときにコンタクトレンズを外す習慣がなかったイギリス人女性がアカウントアメーバに感染し、左目の視力を失う悲劇となった。

シャワーを浴びた後、他の人が盲目になる

7月18日に発表された報道によると、イギリスに住んでいる41歳の女性が、2か月間、左眼の視力障害、眼の痛み、および光に対する眩しさを経験した後、眼科を訪れました。

彼女は医師に、使い捨てのソフトコンタクトレンズを着用し、水泳やシャワーを浴びている間はレンズを装着していると語ったそうだ。

視力検査の結果、彼女の右目の視力は無事であったものの、左目は0.1に落ちていました。これは米国では「合法的に盲目」であるとのこと。

医師は女性の角膜、目の透明な外側の覆いに曇りを確認しました。彼らは特別な染料を使って、この覆いの損傷を検出する別の視力検査を行いました。国立衛生研究所よると、この染料を使用すると、医師が目に青い光を当てた際に、角膜へのダメージがすべて緑色に見えるそう。

検査の結果、医師は女性の角膜が緑色に見え、傷ついていることを確認。

彼女の眼からのサンプルを検査したところ、非常にまれな角膜の寄生虫感染症であるアカウントアメーバ角膜炎に感染していることが明らかとなりました。英国のマンチェスターロイヤルアイ病院のDr. Lanxing Fuが率いる報告書によると、この感染は人の視力を害することが知られており、コンタクトレンズの使用に関連しているそうです。

アカントアメーバは水、土壌、大気中によく見られます。レンズを水道水で消毒したり、レンズを装着したまま水泳やシャワーを浴びたりするなどの行為を行うと、この感染にかかる危険性があります。

ちょうど先週、イギリスの男性が、コンタクトレンズを着用したままシャワーを浴びた結果、アカウントアメーバ角膜炎に感染した事例があります。

今回、症例が発表された女性は、目薬によって治療されましたが、角膜の傷が残っていたため左眼の視力喪失は免れませんでした。1年後、彼女は角膜の部分移植を受け、傷つけられた角膜組織の一部を死亡したドナーからの健康な組織で置き換えられました。

手術後、左目の視力はわずかに改善したものの、それでもまだ損なわれていました。

reference:Live Science