日本人において『身長が高い』ことは不利だった可能性

理化学研究所と東京大学の共同研究グループが、約19万人の日本人のゲノム解析を行った結果、身長に関わる573の遺伝的変異があることが判明した。

研究論文は学術雑誌「nature」に9月27日付けで掲載されている。

Credit: pexels

身長や体重、顔などは遺伝によって決まる部分が多い。その中でも、身長は遺伝的な影響が強いことが知られています。欧米人の双子を用いた研究では、身長の個人差の8割程度は遺伝的要因によって生じていると報告されているほど。

今回、理化学研究所と東京大学の共同研究グループは約19万人の日本人のゲノム解析を行ったところ、日本人の身長に関わる遺伝的変異が573カ所で発見されました。

さらに、遺伝的変異の頻度と身長の影響を調べた結果、身長を高くすることに関わるものは頻度が低い傾向であることも明らかとなりました。日本人では、こうした変異は自然淘汰されていたことを示唆しており、欧米人で検証された結果と真逆の結果だといいます。

これは”高身長”が日本人の歴史の中で、何らかの不利な条件を及ぼしていた可能性が考えられます。

過去に行われてきた身長に関係する遺伝的要因の大規模な研究は、対象が欧米人中心のものばかりで、日本人対象の研究は小規模のものに限られていました。そのため、今回の研究は非常に有益なものと言えるでしょう。

reference: riken