ブタのリンパ節で肝細胞を増殖させることで肝不全を改善できることが研究で明らかに

肝不全を患うと、臓器が自己再生する能力は細胞にストレスをかけて死に至らしめる周囲の瘢痕組織によって制限されます。Liver Transplantationに掲載された研究によって、ブタの肝細胞はリンパ節で成長することわかったことで潜在的な解決法が発見されました。

Credit:Storyblocks

もし十分な量の細胞がこの方法で異所的に確立できたら、この変わったアプローチが人の肝不全を治療するより良い方法となるでしょう。

肝臓には肝細胞があり、この臓器の主な機能細胞であり、再生可能です。通常は再生が行われるのですが、そのためには健康状態が良好である必要があります。しかし、肝不全が悪化すると、臓器は傷が残り毒性を持ち肝臓は再生することなどできません。肝臓の移植手術をしなければ細胞は死に、やがてその患者も死に至るのです。

ピッツバーグ・大学医学部病理学の准教授のエリック・ラガス氏は以前の研究で、肝細胞はマウスのリンパ節に注入されることで再生されることに気づきました。十分な肝細胞が作られると、その補助臓器は遺伝的な肝不全を補うことができるのです。この発見は将来に期待できそうですが、マウスの肝臓は小さいので、もっと大きな動物でも同じ結果となるかラガス氏は確証を持てませんでした。

彼らの最新の研究では人の肝臓病を模倣するため外科的にて変えられたブタの肝臓にこの治療法を行う試験に着手しました。健康なブタの肝臓から肝細胞を抽出しこれを同じブタから取ったリンパ節に注入しました。

6頭のブタで実験を行ったところ、その全てに肝不全の回復の兆しが見られました。異所性肝細胞の検査を行うと、再生が成功しただだけはなく、肝管や血管のネットワークが形成され、ブタの肝臓の元の大きさにまで成長していました。代償発育はブタの体が肝機能の均衡を維持し、癌の成長に匹敵するスピードで次々と大量に量産し続けていたことを示していました。

ラガス氏は人でもこの方法が成功すれば補助肝臓は多くの人の肝不全を肝炎からアルコール中毒症まで原因に関係なく治すことができる可能性があり、人間での臨床試験も間もなく始まります。

reference:iflscience



最新ニュース40件