フィボナッチ数列を応用した美しすぎるガラス彫刻

彫刻家のジャック・ストームさんが製作した美しいガラスアート。この作品には、フィボナッチ数列が取り入れられているという。

Credit: Artluno

アメリカ人彫刻家のジャック・ストームさんは、フィボナッチ数列を取り入れたガラス彫刻を製作している。

フィボナッチ数列とは、0,1,1,2,3,5,8,13,21…という感じに直前の2つの数の和が次の数になり、隣り合う数の比は数字が大きくなるに連つれて黄金率に限りなく近づいてゆく数列。

自然界でもこのフィボナッチ数列によって美しい造形に仕上がっているものが多く存在する。例を出すと、ヒマワリやアンモナイトなどにその比率が現れる。

Credit: Artluno

見る角度によって様々な輝きを放つガラスのオブジェ。本当にうっとりしてしまうほどの美しさ。

Credit: Artluno
Credit: Artluno
Credit: Artluno

通常、ガラスを加工する際は熱を加えるが、彼は一切熱を使わずに何百回もガラスを切り、研ぎ、磨き、そして貼り合わせる、を繰り返し制作していくそうだ。

Credit: Artluno

reference: Artluno