手のひらが牛の胃のような見た目になっていれば、それは癌の兆候かもしれません

掌の異変に気付いた女性は、医師の診察後、肺がんの事実を知り、ショックを受けたといいます。ニューイングランド医学ジャーナルによると、その73歳の女性は、癌の兆候であるトライプパーム(手のひら皮膚が牛の胃のような見た目になる症状)に苦しんでいました。

Credit: THE NEW ENGLAND JOURNAL OF MEDICINE

担当医は、その女性患者の掌の表面が「ベルベット(平織か綾織の経糸にパイルを織り出したパイル織物の一種)のような見た目」で、「それぞれの手相の境目がくっきりしている」という特徴があることに気付きました。その女性は、手がかゆくて痛いということも伝えましたが、その後に医師から告げられる宣告を想像もしていなかったと言います。

実際に、トライプパームは、癌の兆候としてはめったに見られないため、その担当医は、女性が体のどこかに腫瘍があるのではないかと疑いました。

その後肺癌という事実が分かったのは、その女性が、過去30年間、1日に20本のタバコを吸い、1年間ほど持続的な咳に苦しんでおり、わずか4ヶ月で5キロの体重減があったと医師へ報告した段階でした。

更に、左上葉の不規則な結節影と縦隔リンパ節腫大が検査によって判明し、肺腺癌と呼ばれる癌の診断が下されました。

多くの場合、癌が完治すると、トライプパームの症状は消失しますが、この女性のケースでは、化学療法と尿素を含む軟膏による治療に失敗し、癌が進行してしまったようです。

また、その治療の6ヶ月後に、化学療法を始めましたが、彼女の現在の様態に関する詳細は明かされていません。

reference: IFLscience