牛に『VR空間』を体験させる実験が始まる

モスクワ州農業・食糧省が11月25日、牛に装着するためのVRヘッドセットを開発したことを発表。さらに牛にVR(仮想現実)を体験させることで、牛乳の品質や生産量を向上するという実験が始められました。

Credit:msh.mosreg.ru

「専門家が気づいたのは不安感が減少し群れでは全体的に感情の情緒不安が改善したことである」と地方農政課は実験中に語っています。

実験の第二段階ではVRヘッドセットを装着した牛の牛乳生産高を評価していきます。農家らは「夏の野原を映し出すユニークなソフトウェアを制作する」ために開発者、そして獣医と共同で牛の視覚研究を進めたと言います。

牛の視覚は人間と異なり、赤色を強く認識する一方で、緑色と青色の認識は弱いと考えられているため、映像を牛の視覚に合わせて調整したそうです。

農政課は一面の曇り空の中、おそらく緑の牧場を見つめているであろうホルスタインの写真を公開しました。この実験が行われているのはモスクワの北西に位置するクラスノゴルスクのとある農場であるとのことです。

この実験は、オランダやスコットランドで実証された”落ち着いた雰囲気が搾乳量を増加させるという研究”を参考に行われました。

さらに、地元の生産者らはクラシック音楽をかけることで癒し効果が搾乳にいい影響をもたらすことを加えて伝えています。

開発者は観測結果が引き続き好結果となればさらにVR実験を拡大させることを計画中だとも話しています。

Credit:msh.mosreg.ru

牛に仮想現実とはなんともシュールな光景。牛さんはそこが現実世界でないことに気付いているのでしょうか?

reference: themoscowtimes