ジャンクフードばかりを食べ続けていた少年が失明してしまう…

イギリスに住む少年が、長年フライドポテトやポテトチップスといったジャンクフードばかりを食べ続けていた結果、目に異変が起き、失明していたことが明らかとなった。

地元の眼科病院の担当医師が、医療情報サイト「Annals of Internal Medicine」で発表した。Blindness Caused by a Junk Food Diet

Credit: Pixabay

イギリスのイングランドに住むある少年は、食事の好き嫌いが激しい偏食家でジャンクフードばかりを食べていた。

14歳の頃、疲労感から医師の診察を受けたとのこと。特に外的な異常は見られず、血液検査より貧血とビタミンB12の血中濃度が不足していることが確認された。そのため、医師はビタミンB12の注射剤と食事改善のアドバイスをしたそうだ。

それから一年後となる15歳となった時に、少年は視覚と聴覚の異常を訴えて再び医師の元を訪れる。しかし、MRI検査の結果も正常で、医師は原因を見つけることができなかった。

その後も目の症状は悪化する一方で、17歳の頃には視力を矯正した状態でも両眼で「0.1」にまで低下してしまった。これは米国では法的に盲目として扱われる。

少年は、最終的に栄養失調による視神経障害との診断を下され、身長や体重、BMI(肥満指数)はすべて10代の平均値であったにも関わらず、体内のビタミンB12、ビタミンD、銅、セレンといった栄養素が欠乏していることが確認され、骨密度が低いことも判明した。

さらに医師は食生活について質問したところ、少年は小学生の頃からフライドポテト、ポテトチップス、スライスハム、ソーセージ、白パンといったジャンクフードばかりを食べて生活していたことが明らかとなった。

栄養失調による視神経障害は、早期に発見された際には改善の見込みはあるが、今回の少年の場合は発見が遅れたこともあり、視力低下が止まるのみで回復の余地はないとのこと。視神経障害による視力低下は、メガネやコンタクトレンズによる矯正をすることができないため、日常生活に支障が発生する。

reference: livescience