「T-34」と書かれたホッキョクグマが撮影される、何のためにこんなことを…

ホッキョクグマが、黒いスプレー塗料で書かれたと思われる「T-34」という文字を身にまとい、さまよっている姿が目撃されました。

このホッキョクグマがなぜ大胆にも黒いスプレーで落書きされたかは不明ですが、その姿は、多くの噂や討論を巻き起こしています。

落書きされたホッキョクグマが撮影されたビデオは、ロシア北部のチュコトカ自治区に住む先住民が使用するソーシャルメディアであるWhatsAppのグループチャットにアップロードされ、その後、世界自然基金会(WWF)のセルゲイ・カヴリー氏によってFacebookでシェアされました。ホッキョクグマは、ロシアのチュコトカ自治区に生息していますが、この映像がどこで撮影されたかはわかっていません。

このビデオは車内からを撮影されており、撮影者はその落書きに注目はしておらず、「なぜこんなに汚れているんだ?」とビデオ内で叫んでいるようです。

一部の人々は、背中に書かれた文字が、このクマを特定するために科学者によって描かれたものと推測している一方で、軍隊によって書かれたのではないかと予想しています。もしくは、このホッキョクグマが、残酷ないたずらの犠牲になってしまった可能性もあります。

「T-34」という文字の意味も、眉をひそめる原因になっています。「T-34」は、第二次世界大戦でナチスに対して使用された象徴的なソビエト戦車としても知られ、ドイツ軍が戦争の「最高の戦車」と表現したもので、それ以来ロシアの国家の誇りの象徴となっていますが、その関連性は不確かです。

この何者かによって行われた行為は、ホッキョクグマが、人間の居住地に近づいているということを示唆しているともいえます。実際に、今年の初め、沿岸の町ノヴァヤ・ゼムリャでは、少なくとも52頭のホッキョクグマが近づいた際、非常事態を宣言されています。

「今年はノヴァヤ・ゼムリャでクマとのトラブルがあったものの、科学者たちがそれによって動いたわけでもなかったので、列島の人たちによってホッキョクグマたちが捕らえられたのでしょう。」と、ロシア科学アカデミーの一部である北の哺乳類生態学研究所(兼生物問題研究所)の上級研究員であるアナトリー・コチネフ氏は、ロシアのメディアに語っています。

動機が何だったにかかわらず、黒いスプレー塗料が、このクマを命の危険にさらすことになるといいます。ホッキョクグマは獲物からカモフラージュするために白い毛皮をまとっているため、この塗料によって、獲物を捕らえる際に、獲物への接近が困難になり、飢餓状態に陥ってしまう可能性があるということです。

一番の謎は、誰が野生のホッキョクグマにスプレーをかけ、どのようにクマに近づいたのかということです。この白い巨熊は、攻撃的な捕食者ということでもよく知られている通り、人間を殺すこともある動物です。

コチネフ氏はシベリア・タイムズに、このクマはスプレーをかけるために、鎮静されただろうと語っており、その文字の見やすさが、しばらく鎮静されていたことを象徴していると言えます。

気候変動が北極海の氷を解かし、クマが、脂肪分の多いアザラシやその他の海洋生物を探すための不可欠なプラットフォームとして、人間の居住地へ移り、人間とクマの戦いがより活発になるだろうと予想されています。

reference: IFLscience