このゴルフボール大の物体が生物であり、一つの細胞と言ったらあなたは信じますか?

「Valonia ventricose」と呼ばれるこの物体は一つの細胞からなる単細胞生物。温帯から熱帯の海洋域、潮間帯から比較的深い場所まで分布している。

Credit: d99/iNaturalist/CC BY-NC

世界の海中には、サンゴの隙間に隠れているさまざまなサイズの奇妙な塊を見つけることができます。「Valonia ventricose」と名付けられたこのくにゃっとした球は、実に信じられないほどクールな藻類として知られています。

なぜなら彼らは世界最大の単細胞生物の一種であるためです。この球全体が一つの細胞から成っています。ところで、それは私たちが通常単細胞生物だと関連付けるサイズではありません。しかし、「Valonia ventricose」には、その大きな成長を促すために、いくつかの巧妙なトリックを隠し持っているのです。

まずはじめに、言わなくてはいけないことがあります。これらの生物のすべてが上の写真の生物と同じくらいかなり大きいわけではありません。彼らは、パチンコ玉と同じくらい小さいサイズから、ゴルフボールと同じくらいの大きさまでさまざまなのです。

Credit: Alexander Vasenin/Wikimedia/CC BY-3.0

しかし、「Valonia ventricose」は1つの細胞ですが、いくつかの細胞質ドメインを含み、それぞれが独自の核と葉緑体を持っています。この独特の構造は、破壊しようとすると、オルガネラでいっぱいの風船のように破裂するだけではないことを意味します。

高校の生物学の授業で、細胞は単純に大きく成長できないことを学んだかもしれません。拡散作用を気にかけ、大きすぎるものに成長すると、表面積と体積の比率がめちゃくちゃになるためです。

Credit: Shepherd et al, Protoplasma, 2004

事実、この生物はまったく新しい姿に成長するために核を1つ所有するだけでよいので、一体の「Valonia ventricose」を潰すと、よりたくさんの「Valonia ventricose」が生まれることになります。

そのため、今日のところクールな事実があります。無数の核を持つこれらの奇妙なビーズのようなものは、アクアリウムなどに問題を引き起こす可能性がありますが、自然界では、ダイバーや科学者をあっと驚かせているのです。

reference: sciencealert